top of page

はなみずき 01/28/2022 #34 (第63号)

今回は1年生が綴った「わたしのゆめ」という作文を紹介します。素直な思いが伝わり、応援したい気持ちになります。

「わたしのゆめはスケートせんしゅです。そのりゆうはダンスがとくいだからです。ゆめがかなってスケートせんしゅになったわたしは、キラキラのいしょうをきて、オリンピックにでているとおもいます。ゆめをかなえるために、ダンスをたくさんれんしゅうしています。おとうさんとおかあさんは、わたしをおうえんしてくれます」(女子)


「ぼくのゆめは、いきものはかせになることです。そのりゆうはいきもののことをもっとしりたいからです。ゆめがかなっていきものはかせになったぼくは、いろいろなくにへいって、いろいろないきもののけんきゅうをしているとおもいます。ゆめをかなえるために、どうぶつえんや水ぞくかんへいってゆっくりかんさつしたり、虫をつかまえてかってみたりしています」(男子)


「わたしのゆめは、ぎじゅつしゃです。そのりゆうはせっけいずをつくることが、とくいだからです。ゆめがかなって、ぎじゅつしゃになったわたしは、すきないえをたてているとおもいます。ゆめをかなえるために、こうさくをまいにちがんばっています。おとうさんとおかあさんは、わたしをおうえんしてくれます」(女子)


「わたしのゆめは、どうぶつをほごするしごとをすることです。そのりゆうは、どうぶつはほっとくとしんじゃうので、たすけておせわをしてあげたいからです。ゆめがかなったら、わたしはどうぶつにくわしくなって、まいにちおせわをして、これからかう人にいろいろおしえてあげる人になっているとおもいます。ゆめをかなえるために、どうぶつの本をたくさんよんで、くわしくなりたいです」(女子)


次に、4年生が書いた「10年後の自分へ」という一文を紹介します。心身が成長する中、不安や悩みを抱えながらも、前向きな姿勢に共感します。 「ぼくはまだアメリカにいるかな。宿題をまいにちしておかねもちになっているかな。まだ任天堂デームをしているかな。クリスマスにもらったボードであそんでいるかな。友達といっしょにしごとをしているかな。していたらぼくはすごくうれしいです。みらいにぼくは宇宙科学者になると思います。理由は科学者がすきなので、NASAではたらきたいです。宇宙飛行士にはなりたくないです。理由はシステムがへんになると、ぼくはしぬかもしれないからです。それからぼくはエンジニアになるかもしれないです。理由はきかいがすきだからです。いつかうまくくるまをつくってみたいです。くるまをつくったら、じぶんのいえをつくります。それでどこでもテレポートするきかいをつくろうと思います。そのあとタイムマシンをつくろうと思います。20さいのぼく、がんばって!」(男子)

このような子どもたちの作文、我々大人への応援歌のように響きます。


2022年1月28日

アトランタ補習授業校

校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page