top of page

はなみずき 04/22/2022 #3 (第73号)

私は約30年間、国内外で主に中学社会科(歴史・地理・公民)を通して、子どもたちと共に学んできました。国内は青森県内(小中一貫校2校含む)、国外はインドネシアのジャカルタ日本人学校(2000~02年)と香港日本人学校中学部(2015~17年)です。


学級担任や学年主任を務めていた際、自分に対して同時に、子どもたちへ次のような「目標」を示してきました。 学級では、①授業は楽しく、②学活は短く、③部活は熱く 学年では、①一歩後退・二歩前進、②心身の健康第一、③チャレンジ精神 時に、さまよい、立ち往生することもありましたが、見返しながら“初心”や“原点”に立ち返るきっかけにしました。


リンドリー校の教室内にも、様々な標語が掲げられています。

It’s okey to not know. But it’s not okey to not try.

(知らないことは仕方ないが、そのままにしてはいけない。知ろうとしないことは良くない。知るための努力をしよう!)

Every day may not be good. But there is something good in every day.

(良いことが毎日あるとは限らないが、一日の中には良いことはある。それを見つけられるようにしよう!)

Think before you speak. Is it True? Helpful? Important? Necessary? Kind?

(話す前に、それが本当のことか、役に立つことか、大切なことか、必要なことか、思いやりあることか、考えてみよう!)


夢や目標をもつことは、大切です。しかし、もつこと自体を目的化させないことも大切です。4月のスタート、子どもたちと話し合って学級目標を決めているクラスもあります。子どもたちが自分を見つめ、越えることができるハードルとなるよう、援助していきたいと思います。


昨日、図書館司書から出された「お知らせ」にあるよう、各家庭のパソコン・スマートフォンから図書館の本を検索できるようになりました。図書館では学年に応じた「図書館案内マップ」や「調べ方」も準備しています。 子どもたちの感性を豊かに育むために、図書館が大いに利用されて、広くて深い学びが進むことを望んでいます。


2022年4月22日

アトランタ補習授業校

校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page