はなみずき 05/20/2022 #7 (第77号)

平日の補習校事務室には、いろいろな方が来訪します。卒業生やその保護者、以前勤務していた教員、ジョージア州に勤務する駐在員、北米に拠点を置く営業マンや社長、渡米して補習校編入を考えている保護者や子どもたちなど、本当に様々です。私にとっても職種の違う方とお話しする機会は貴重で、多くの刺激を受けます。 今週は十数年前に在籍していたお子さんとそのご両親がお見えになりました。お父さんは補習校の運営委員も務めた方で、当時は剣道部のクラブ活動にも積極的に取り組んでいただいたようです。米国生まれのお母さんと日本で出会い、日本で生活した後、米国でしばらく暮らし、8月に日本へ帰るそうです。引っ越し準備をする中、書籍や剣道具などの寄贈を受けました。


すでに20代のお子さんは、これから米国の別の街に住み、小さい頃からの“夢”を追うといいます。日本語と英語を駆使しながら、飛躍することを願わずにはいられませんでした。久しぶりに訪ねた補習校(リンドリー校)は以前と変わらず、本当に懐かしいとお話していました。広い緑のグランドを見た瞬間、楽しかった運動会を思い起こしたといいます。 補習校は今学んでいる児童生徒だけではなく、卒業生やその保護者にとってもかけがえのない場所だということを、今回改めて思いました。数十年先に訪ねたときに「母校」があるうれしさは、何ものにも代えがたいものです。 そのために私たちは今、リンドリー校と補習校の良い関係を積み上げていき、次の時代や子どもたちに、バトンを渡していかなければなりません。そういう意味で、みんながリレーランナーです。


話は変わりますが、私は今でも試験前に勉強をしていなくて、焦っている夢を見ることがあります。情けないですが、学生時代に授業をサボって卒業できずに苦悩し、進路に迷い社会人になる数年間、モラトリアム期間を過ごしたことが今も頭の片隅に残っているのでしょう。目が覚めて、ため息をつくことがあります。 現地校と補習校で学ぶ子どもたちにとって、ここ数日は試験などで大変だったことでしょうが、今頃は一区切りついて、ホッとしているだろうと思います。ただ、山を越えると、次にまた山があります。時間を大切にしながら、新しいチャレンジにむけて、ゆっくりと充電してください。


今週初めにもお伝えしたように、インフルエンザや胃腸風邪、コロナ感染など、少し心配な状況が続いています。どうぞ、健康第一でお過ごし下さい。


2022年5月20日

アトランタ補習授業校

校 長 小 泉 敦