はなみずき 06/10/2022 #10(第80号)

補習校の授業がある土曜日、各教室や図書室前には児童・生徒の作品が掲示されています。幼稚部は授業でつくったカレンダーや似顔絵、低学年は絵日記や観察記録、中高学年は新聞や作文、中高等部は短歌や感想文など、多くの学習成果で賑わいます。


先週は低学年の「きょうのできごと」という作品に目が留まりました。カラーの素敵な絵が添えられていて、子どもの気持ちがよくわかります。

「5月27日(金) きのうはげんち校のさいごの日でした。学校でえいがをみながら、ポップコーンをたべました。わたしたちはえいがをみていて、おそととごはんのときだけ、ちがうことができました。わたしのクラスではズートーピヤというえいがをみました。すごかったです。うさぎがけいさつかんになったのです。うさぎがきつねといっしょにはたらいていました」


「6月4日(土) “ありがとう・えらいね” お兄ちゃんが困っていたときにたすけたら、“えらいね”とお母さんに言われました。また、お兄ちゃんをたすけておわったら、“ありがとう”といわれました。とても、うれしかったです」


「6月4日(土) “ほめられた” きのうおかいものへいきました。みちをあるいているときに、車がうしろからきたのにきがついたので、よけたら、おかあさんがほめてくれました。うれしかったです」


多くの方が作品に目を通して、子どもたちに励ましの声をかけてくだされば有り難く思います。また、class dojoの「クラス・ストーリー」や「ポートフォリオ」にも子どもたちの作品や活動が紹介されていますので、ご覧ください。


現在、アトランタ補習授業校(ジョージア日本語学校)には児童生徒約400人が在籍しています。一方、世界200余りある補習校の中には規模が小さく、運営に苦労している学校もあります。


アフリカ大陸東部に、自然豊かな森や湿地が広がり、多種多様の野生動物が生息して「アフリカの真珠」と呼ばれるウガンダ共和国という国があります。約150万人が暮らすこの国の首都・カンパラに、小さな補習校があります。

学校の歴史は新しく、2016年に日本人の保護者が集まって「学習会」を開催、18年に補習校としてスタート、19年に文科省の認定を受けます。

在籍は10数名、現在は協力していただいている家庭に集まり月2回開校。教材や教具も限られ、子どもたちや教えるスタッフの入れ替わりも多くて大変ですが、アットホームな授業ができています。コロナ禍の中、昨年度まで現地の学校も閉鎖、4月からようやく通学できるようになりました(『海外子女教育』2022年6月号)。

居心地の良い学び場にできるように日々努力している姿は、同じ補習校(日本語学校)として、励まされる思いです。


2022年6月10日

アトランタ補習授業校

 校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

先週は小学部1.2年生、明日は3~6年の自由授業参観日になります。午後には幼稚部の子どもたちによる発表会(ねずみの嫁入り)がシアターで予定されています。限られた時間になりますが、お子さんの様子をご覧ください。 私は小学生の頃、参観授業では緊張していた思い出があります。両親が小学校の教員だったこともあり、参観できないこともありましたが、それでも来るのか、来ないのか、いつになくソワソワしていたように思

先週は体育館で、イベントとしては3年ぶりにブックフェアが行われました。 図書担当運営委員や司書をはじめ、委員の方々が知恵を出し合って準備・開催・後始末をしてくださったお陰で、笑顔がいっぱいの一日になりました。 改めまして、お礼を申し上げます。ありがとうございました。 以前はカフェテリアで開催していましたが、はじめての体育館で実施しました。安全のためにパトロール当番も配置、分野ごとに分けられた本が広

先週のハロウィン、中学部の生徒が小学低学年の教室や幼稚部発表会(体育館)を訪ね、幼稚部ではコスチューム姿の子どもと一緒に「大きな栗の木の下で」や「アブラハムの子」を踊り、共に楽しい時間を過ごしていました。 保護者にサポートいただき、楽しい企画をしているクラスもありました。全校登校となって実現できるこうした光景に出会えて、うれしく思います。 私は日本(青森県)での教員生活最後の5年間、小中一貫校で過