top of page

はなみずき 08/19/2022 #14(第84号)

教員としての喜びは、「授業」を通して子どもたちの変容(成長)に出会うことです。そのために創意工夫して、教材研究をします。それはまるで食材にこだわり、段取りを考えて、「美味しい」と思ってもらえるよう準備する料理人のようです。


小学部3年で、保護者にゲストティーチャーとして協力いただき、国語「仕事のくふう、見つけたよ」の単元に取り組む、興味深い授業がありました。

日本髪や着付けをする美容師、日本伝統工芸の刺繍師、聴診器を使い子どもに向き合う小児科医、ファスナーを作るエンジニアなど、その道で活躍する保護者が「先生」として子どもたちに向き合っていました。キャリア教育ともいえる素晴らしい取り組みで、真剣に、そして好奇な目で見つめる子どもたちの表情が印象的でした。

ゲストティーチャーの方が伝えていた、「病気の子どもが元気になってくれることがうれしい」(小児科医)、「必要なものを、必要な人のためにつくり、使ってもらえることがうれしい」(エンジニア)という仕事へのやりがいについて、子どもたちはどのように受け止めていたのでしょう。きっと、学ぶことが多かったように思います。


補習校では国語、算数(数学)が学びの中心になりますが、こうした創意を生かした授業は、子どもたちの心に響きます。高等部国語の授業でも新聞記事(8月9日付、長崎の被爆樹木)を活用して、話し合いを行っていました。私も資料を読みましたが、「目から消え去るものは、心からも消え去る」という言葉が心に留まりました。


小学部2年生の絵日記を紹介します。夏休みは夢花火のように、楽しいひとときだったのでしょうね。

「日本についたとき、うれしくてたまりませんでした。わたしは早くおばあちゃん、おじいちゃんにあいたくて、しょうがなかったです・・早おきをしておばあちゃんやお母さん、おじいちゃんにごはんを作りました。一ばんたのしい生活でした。わたしは日本がせかい一、大大大好きです!!」

「わたしはニューヨークへ行ってきました。ブロードウェイでライオンキングを見ました・・つぎのひ、ふねにのってじゆうのめがみを見ました。よるはエンパイアステートビルからやけいを見ました。また、行ってみたいです」

「わたしはこの夏、日本に一時帰国しました。アメリカに行くまで住んでいた町に行き、ようちえんの時の一番の仲良しだったお友だちと遊びました・・帰るときはとってもかなしくて、ないてしまいました。また、みんなにあいたいです」

2022年8月19日

アトランタ補習授業校

 校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page