はなみずき 08/19/2022 #14(第84号)

教員としての喜びは、「授業」を通して子どもたちの変容(成長)に出会うことです。そのために創意工夫して、教材研究をします。それはまるで食材にこだわり、段取りを考えて、「美味しい」と思ってもらえるよう準備する料理人のようです。


小学部3年で、保護者にゲストティーチャーとして協力いただき、国語「仕事のくふう、見つけたよ」の単元に取り組む、興味深い授業がありました。

日本髪や着付けをする美容師、日本伝統工芸の刺繍師、聴診器を使い子どもに向き合う小児科医、ファスナーを作るエンジニアなど、その道で活躍する保護者が「先生」として子どもたちに向き合っていました。キャリア教育ともいえる素晴らしい取り組みで、真剣に、そして好奇な目で見つめる子どもたちの表情が印象的でした。

ゲストティーチャーの方が伝えていた、「病気の子どもが元気になってくれることがうれしい」(小児科医)、「必要なものを、必要な人のためにつくり、使ってもらえることがうれしい」(エンジニア)という仕事へのやりがいについて、子どもたちはどのように受け止めていたのでしょう。きっと、学ぶことが多かったように思います。


補習校では国語、算数(数学)が学びの中心になりますが、こうした創意を生かした授業は、子どもたちの心に響きます。高等部国語の授業でも新聞記事(8月9日付、長崎の被爆樹木)を活用して、話し合いを行っていました。私も資料を読みましたが、「目から消え去るものは、心からも消え去る」という言葉が心に留まりました。


小学部2年生の絵日記を紹介します。夏休みは夢花火のように、楽しいひとときだったのでしょうね。

「日本についたとき、うれしくてたまりませんでした。わたしは早くおばあちゃん、おじいちゃんにあいたくて、しょうがなかったです・・早おきをしておばあちゃんやお母さん、おじいちゃんにごはんを作りました。一ばんたのしい生活でした。わたしは日本がせかい一、大大大好きです!!」

「わたしはニューヨークへ行ってきました。ブロードウェイでライオンキングを見ました・・つぎのひ、ふねにのってじゆうのめがみを見ました。よるはエンパイアステートビルからやけいを見ました。また、行ってみたいです」

「わたしはこの夏、日本に一時帰国しました。アメリカに行くまで住んでいた町に行き、ようちえんの時の一番の仲良しだったお友だちと遊びました・・帰るときはとってもかなしくて、ないてしまいました。また、みんなにあいたいです」

2022年8月19日

アトランタ補習授業校

 校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

2週間にわたった学級懇談会が終わりました。学級委員の方には「議事録」をまとめていただきました。ありがとうございます。 保護者の方々から、朝に「校歌」を流してはどうでしょうという前向きな意見もいただきました。早速、生徒会役員に協力いただき、実施する予定です。私は登校と下校時、正面玄関におりますので、いつでもお声がけ下さい。 子どもたちの健康に関わる、大切なお知らせです。ご確認下さい。 9月からマスク

今年度2回目の学級懇談会が始まりました。先週は幼稚部~小学部3年、明日は小学部4年から中高等部となります。よろしくお願いします。 懇談会では担任から学校生活や学習状況、学級委員からボランティア当番、行事委員から10月15日(土)予定の運動会、図書委員から11月5日(土)予定のブックフェアの報告などがあり、情報を共有する場となっています。 私も各学級へ足を運び、4月から全面登校し、子どもたちの笑顔と

1970年代から1980年代にかけて多くのヒット曲を出して、高い人気を博したオリビア・ニュートン・ジョンさんが先月、73歳で亡くなりました。代表作「そよ風の誘惑」(Have You Never Been Mellow 1975年)は高校時代にレコードを購入、繰り返し聴いた我が青春の曲でした。 当時は曲を聴いて、英語をマスターしたいという下心もありましたが、無論、それは無理でした。でも、曲想は今も身