top of page

はなみずき 08/20/2021 #14 (第43号)

甲子園では2年ぶりに夏の高校野球大会が行われていますが、天候不良による順延、降雨コールドやノーゲーム、さらにコロナ感染により試合を辞退するチームも出るなど、運営の苦労を思います。 大学では“2年生の危機”がいわれます。昨年来のコロナ禍によるキャンパスへの立入り制限、オンライン授業への切替え、サークル活動の停止などが原因で仲間ができず、不安を抱える学生が多いといいます。


ここにきて、世界的にコロナ感染が広まりつつあります。 そこで今一度、いつ、だれが、どこで感染してもおかしくないことを考えておく必要があります。 コロナ禍に“絶対”はなく、「自分は絶対に感染しない」と思い込まないことも大事です。細心の注意を払って生活していても、感染リスクはゼロにはできません。だからこそ今、一人一人がまず自分自身の行動に責任をもつこと、その上で互いに支え合う関係をつくることが大切になります。


先週の分散登校では濃厚接触などの疑いで欠席した児童向けに数クラスで配信授業を行いました。はじめての試みでしたが、良い形で対応することができたように思います。 今後もコロナ感染の影響で登校できない場合、教室での授業風景を配信・提供していきたいと考えています。 また授業者の状況によっては学年合同のオンライン授業も想定しています。ご理解ください。


さて、今後の学校運営について、本日運営委員長より通知された通り、12月まで3グループ(①幼稚部・1~2年 ②3~6年 ③中・高等部)の分散登校を決定しました。予定より早い通知ですが、今後のコロナの状況や現地校の対応などを見極めた結果です。 夏休み前は後期からの全面登校、運動会・球技大会等の実施も考えましたが、現在の状況から難しいと判断しました。


今後とも保護者や先生方と協力していくため、以下についてお願いします。

①体調不良やコロナ感染の疑いがある場合、早めに学級担任へ連絡して、対応を確認してください。

②兄弟姉妹で分散登校とオンライン授業に別れることを想定し、校内に学習室を設けています。ただ学習室はWi-Fi環境がないため、利用する際は各自携帯などで繫いでください。

③引き続き日常生活、補習校での学校生活など十全な感染対策をお願いします。


今後も「子どもの学びを止めない」という覚悟をもって、対応していきたいと考えています。

皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。


2021年8月20日

アトランタ補習授業校

校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page