top of page

はなみずき 08/26/2022 #15(第85号)

今夏の全国高校野球選手権大会は宮城県代表の仙台育英高校が優勝し、長い歴史の中で東北勢がはじめて悲願の頂点に立ちました。過去12回、東北のチームは甲子園の決勝でことごとくはねつけられていました。

1969年夏の青森県三沢高校と松山商(愛媛県)の決勝戦、小学生だった私もテレビの前にかじりついて応援しました。三沢の太田幸司投手が延長18回引き分け再試合を一人で投げ抜いた姿は、半世紀以上たった今でも思い出せます。


今年は甲子園だけではなく、全国高校総合体育大会(インターハイ)や総合文化祭(総文祭)、全国中学校体育大会(北海道・東北開催)も開かれています。パンディミックで学校生活が翻弄された世代ですが、家族や仲間、地域を思いながら活動している姿は胸を打ちます。こうした若人が、これからの社会を担っていくことを考えると、頼もしく感じます。


補習校でもこれまで約2年半、休止していたクラブ活動が再開に向けて動き出しました。先週はバレーボール部、サッカー部、野球部、テニス部、剣道部、茶道部などの合同説明会があり、放課後には「おいでよ、野球部」という看板を掲げて、勧誘する子どもたちの姿も見られました。

説明会会場には星一徹・飛雄馬父子の似顔絵や、「テニスの王子様、お姫様募集中」と書かれたポスターも登場して、活気に溢れていました。9月からの活動を予定していますので、関心のある方は各クラブ担当者へお問い合わせ下さい。


ところで日本では公立中学校の部活動を今後、地域団体や民間事業者に委ねる方向で改革が進んでいます。一方、行き過ぎた勝利至上主義を是正するために、小学校で全国大会が廃止された競技もあります。様々な課題もありますが、スポーツを通して仲間と切磋琢磨することには、大きな意味があります。


最近では「スポーツ鬼ごっこ」という昔ながらの鬼ごっこをもとに考案されたスポーツ(1チーム7人)が生まれ、全国大会も開かれています。大会は勝つことが先にあるのではなく、楽しむということに価値をおいているようです。

補習校でも休み時間、鬼ごっこやドッチボール、ケイドロ(ドロケイ)、ダルマさんがころんだなどに興じている姿があり、本当に楽しそうです。「よく学び、よく遊べ」というスローガンは、子どもたちへのプレゼントです。


2022年8月26日

アトランタ補習授業校

 校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page