top of page

はなみずき 08/27/2021 #15 (第44号)

先週で夏休み明けの分散登校を全学年終了し、成長したみんなに会うことができました。カメラを片手に授業やランチ、休み時間の様子を撮ろうと教室へお邪魔することがありますが、とても良い子ども達の表情に出会うことができました。 日本国内では子どもたちに感染が広がる中、夏休みを延長したり、オンライン授業や分散登校に切り替える学校が増えています。部活動で感染が広がり、制限する学校も出ているようです。本校の今後の学校生活について、8月21日に校医の紙谷聡先生からお話しを聞く機会がありました。要約してお伝えします。


<補習校の対応について>

コロナ発症期間中の「施設利用者約款」について、しっかり練られており問題はない。これまで通りの感染予防対策を行い、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、症状のある人は登校しないことを徹底することが重要。特にマスクの着用は大切だが、真夏のマスク着用については臨機応変に対応する必要がある。今回の分散登校の決定については支持したい。


<行事の可否について>

ピークがいつ頃になるか、今後のワクチン接種の状況や3回目のワクチン接種状況にもよるが、一度CDCが規制を緩和したこともあり判断が難しい。行事の可否について、当面は感染対策を徹底し、行事の重要性や状況により判断する必要がある。


<今後の見通し>

デルタ株の感染が広がっており、子どもの症例が増えている。ワクチン接種者でも感染している事例がある。子どもの場合、家庭内や他から感染することが多く、学校内での感染はあまりない。12歳未満のワクチン接種は現在検証中であり、まだ時間がかかる。


<大人から子どもに感染することが多い理由>

明確な理由はなく、ウィルスの量も大人と子どもで変わらない。その一方で無症状の感染者はウィルスの数も少なく、人に感染させにくい。大人と比較して、子どもに症状が出にくい傾向がある。つまりウィルスが少ないので人に感染させにくいということが考えられる。大人の方が仕事で多くの人と関わることが多く、感染しやすい環境にある。


以上のアドバイスを踏まえ、今後も十全な感染対策を取っていただきますよう、お願いいたします。


2021年8月27日

アトランタ補習授業校

校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page