top of page

はなみずき 09/2/2022 #16(第86号)

今年の5月、テキサス州の小学校で児童が巻き込まれる銃撃事件の発生を受けて、本校では学校の安全管理を見直しました。要点は、以下の通りです。

①出入り口について(パトロール当番待機)

 正面玄関 8:30~9:10 14:45~15:20(上記以外は施錠)

 北玄関  8:45~9:10 14:45~15:10(上記以外は出入り禁止)

 非常口  基本的に出入り禁止

②体育館について(ポリス開錠、パトロール当番待機)

 12:00~13:00(これ以外は、利用する教職員が開錠)

③スクールポリス2人体制

 正面玄関・北玄関周辺の警備、登下校の交通整理、校舎周辺の巡視など

④ウォーキートーキー(トランンシーバー)を通じた連絡体制

 ポリス、全教職員、校舎管理者、パトロール当番、保健当番が所持


さて、明日9月3日(土)14:10~14:45、今年度最初の避難訓練(トルネード、ロックダウン)を行います。要項を添付しますので、ご確認下さい。

当日は14:00~14:45、保護者入校禁止として実施しますので、ご協力下さい。

なお、幼稚部~高等部まで一斉に行います。学齢に応じた子どもたちへの配慮も必要かと思います。ご家庭でもお声掛けいただければ、有り難いです。


避難訓練については、幼い頃から一人一人が実際の状況を想定して、危機対応力を身に付けることが大事だといわれています。

日本では、「備えあれば、憂いなし」という言葉があります。大切な命を守るために、実践を通して学ぶ場にしたいと考えています。


以前に勤務したインドネシアのジャカルタ日本人学校では99%の子どもが利用するスクールバスが遭難したことを想定、香港日本人学校では暴風雨警報発令やデモ発生を想定した訓練がありました。日本では火災や地震、不審者を想定した訓練が多いですが、最近では豪雨による河川の氾濫を想定した訓練もしています。

日本では「おはしも」(さない、しらない、ゃべらない、どらない)という合言葉があります。大切なのは慌てずに自分で考えて、行動することだと思います。よろしくお願いいたします。


2022年9月2日

アトランタ補習授業校

 校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page