top of page

はなみずき 1/29/2021 #21

小学部高学年のオンライン授業の一コマを紹介します。子どもたちの作品を読んだり、観たりしていると楽しく幸せな気持ちになったり、勇気づけられたりします。感性豊かで素直な姿に接するからでしょうか。子どもの作品には、大人の心を動かす力があります。 方言について、保護者から聞きました。


大阪:「なんであかんの?」「ええよ!」「せやな」、妹は突っ込むときに「なんでやねん!」 京都:ダメなときに「アカン!」、本当の時には「ホンマ?!」 山口:文の最後に「ちゃ」をつけます、「違うっちゃ」「まちがとちゃ」。新潟:最後に「が」をつけます、「そいが」。静岡:最後に「ら」や「だら」をつけます、「大丈夫だら」


コロナ感染について

△私はコロナにかからない自信があります ・人生の中でインフルエンザとか重い病気にかかったことがなく、今は外に行っていないから ・公園やパークに行ってもかかっていないから ・マスクをつけているし、よくしゃべる子には近づかないから ・マスクをして手をしっかりと洗って、外していい時間もマスクをしているから


▼私はコロナにかからない自信がありません ・今、新型コロナの変異種が出てきているから ・現地校にもモールにも行っているから ・子どもにもかかる確率があるから


気に入った「論語」の言葉 ・己の欲せざるところ、人にほどこすことなかれ ・過ちて改めざる、これを過ちといふ 俳句 ・初雪で 子ども笑う 空てれる ・粉雪で みんながおどる にぎやかだ


また、ある学級では習字(「感謝」の二字)を鑑賞する機会をいただきました。心を落ちつかせて、自分に向き合っている姿が伝わる作品群でした。これからも「感謝」の気持ちを忘れずにチャレンジしながら、前向きに生活していってほしいと思いました。 前回はキング牧師のことに触れましたが、先日は大リーグアトランタ・ブレーブスで活躍したハンク・アーロンさんが86歳の生涯を閉じました。1974年4月、ベーブ・ルースの本塁打記録714本に近づくと、黒人だからという理由で脅迫の手紙が届いたといいます。派手さはなく「静かな英雄」と呼ばれたのは、影響力をもつ選手として模範を示す責任を感じていたからでしょう。24日(日)にブレーブスのホームグランド・サントラストパーク周辺を歩いていると、球場内から静かな曲が流れていました。誘われて中に入ってみると、追悼しながら記念プレートやオブジェを見てまわる親子連れや初老の夫婦の姿があり、オーロラビジョンにはありし日のアーロンさん姿が映し出されていました。アトランタで生活する一人として、アーロンさんの生涯を知りたいと思った一日でした。


2021年1月29日

アトランタ補習授業校

校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page