top of page

はなみずき 10/8/2021 #21 (第50号)

コロナウィルスの拡大により、1年延期された東京五輪・パラリンピックが閉幕して、約一ヶ月が経ちました。

夏休み明け、子どもたちが持って来てくれた作品の中に五輪に関わる工芸品があり、先日4年生の子どもたちが作成していた学級新聞にも五輪の記事がありました。子どもたちの夏の思い出に、大会の出来事が刻まれていたのでしょう。


東京五輪・パラリンピックを組織委員会の一員として支えてくれた教え子(15年前)がいます。 約6年半にわたって計画の立案や調整を担当、海外の要人との交渉も担い、「これからも日本と海外をつなぐ役割を担いたい」とLINEで連絡をくれました。頼もしい限りです。 彼女は学生時代、ベトナムやミャンマーで教育支援ボランティアに参加して、現地の雑貨を買い付けて日本で販売、収益を教育に活用する活動にも加わっていました。この時に海外との交流の楽しさや大切さを学んだといいます。 インフラ輸出の都市外交に関わりたいという希望から、8年前に東京都庁へ入り、その2年後に組織委員会へ出向、部署では最年少の職員だったようです。本番では会場運営の担当課に転属し、19年のテストイベントも受け持ちます。 昨年3月、コロナの波が日本にも押し寄せ、在宅勤務が続いた時は心が折れそうになることもあったようですが、持ち前のしぶとさを発揮して本番を迎えます。 担当した東京国際フォーラムの会場では五輪とパラリンピックの重量挙げが行われます。五輪は無観客でしたが、パラリンピックではインターナショナルスクールの生徒たちを迎えて学校観戦が実現でき、本当にうれしかったようです。


現在はこの経験を、次に生かさなければ意味はないと考え、海外のバックグランドをもっと知り、日本と海外をつなぐ役割を担っていきたいと言っていました。 数年前に彼女から五輪ボランティアの誘いを受けていましたが、補習校への派遣と重なり、叶いませんでした。チャンスがあれば、次に何かチャレンジしたいと思っています。


2021年10月8日

アトランタ補習授業校

校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page