top of page

はなみずき 11/27/2020 #13

今、日本の子どもたちに『鬼滅の刃』というマンガが人気です。映画も好調で、社会現象となっているようです。少し面白いエピソードを見つけました。 友人の自宅前で、数人の男の子がチャンバラをしていた。 「ヒミツのマエバ!」と弟が言うと、 「ちがう、それは、キミツのヤエバや」と、兄が知ったかぶりをした。 鬼滅の刃(キメツのヤイバ)と読めるようになるまで、私も時間がかかりました。


原作の吾峠 呼世晴(ごとうげ こよはる)さん、鬼にされた妹を救うために刀剣で戦う主人公・竈門 丹治郎(かまど たんじろう)の名前も難解ですが、人気の秘訣は一体何でしょう。 原作マンガは一時入手困難になり、書架から盗まれ、後日謝罪文を付けて返却されるという「事件」もあったようです。 「鬼滅」の剣士たちがテレビやスクリーンで鬼と繰り広げる闘いのすさまじいまでの生命力と躍動感が、熱い感動をもたらしているのかもしれません。


私が子どもの頃のアニメといえば、「鉄腕アトム」や「鉄人28号」などでしたが、当時はマンガに対する社会的評価は高くなかったように思います。敵を殺したりする、生命軽視への懸念もあったのでしょうか。 「鬼滅」では人に害をなす鬼を「鬼殺隊」が殺し、時に自らも戦場に散りますが、 今は子どもだけでなく大人も虜になっています。その背景には困難に陥っている現代の世相が反映しているように思えます。 「老いるからこそ、死ぬからこそ、たまらなく愛おしく、尊いのだ」は、ある隊士が人間について語った言葉です。 「鬼滅」の鬼は元々人間で、早く滅ぼしてほしいと願う鬼も元々は人間です。 では、本当の「悪」はいったいどこにいるのでしょう・・。 今を生きる人の想像力を試していることが、人気の秘訣のような気がします。 来月には最終巻(23巻)が発行されるようで、楽しみですね。 ところで、主人公の竈門 丹治郎の「竈」の漢字、何画か分かりますか? 今週は感謝際(Thanksgiving Day サンクスギビングデー)のため、補習校の授業も休みです。皆さま、ゆっくりとお過ごしください。


2020年11月27日

ジョージア日本語学校

校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page