はなみずき 12/10/2021 #29 (第58号)

補習校の図書室で中村哲『希望の一滴~中村哲、アフガン最期の言葉~』(西日本新聞社 2020年)の新刊書が目に留まり、借りて読んでみました。 2019年12月4日、アフガニスタンで医療や灌漑、農業支援に尽くした医師・中村哲さんが73歳で凶弾に倒れてから2年が経ちます。 中村医師は干ばつや戦乱で荒廃したアフガニスタンで復興支援に力を尽くし、アフガンの大地に1600の井戸を掘り、65万の命を支える用水路を建設、不毛の地に緑を蘇えらせる活動を35年間続けていました。


本書は中村医師による“言葉”を、アフガンでの活動の足跡を示す写真とともに紹介したもので、中村医師の行動が徹底した現場主義にあったことが分かります。「提唱するのは、人権や高邁(こうまい)な理想ではなく、具体的な延命策である」(2018年6月) 劣悪な環境の中、事業を継続させた背景には中村医師の人間へ対する“やさしさ”がありました。「必要なのは思想ではなく、温かい人間的関心であった」、「彼らの願いはただ二つ、1日3回の食事がとれること、家族一緒に故郷で暮らせること」(2019年6月) 「経済的な貧困は必ずしも精神の貧困ではない。識字率や就学率は必ずしも文化的な高さの指標ではない」(2019年9月)という言葉の中に、“本当に大切なものは目に見えない”と言ったサンテクジュペリ(『星の王子様』)の思いに通じるものを感じます。 中村医師の活動は、志をもって歩み続ければ、道は必ず拓けることを教えてくれます。海外に暮らす日本人として、考えさせられる書物でした。


ここにきて、新たな変異ウイルスの不安が出ています。 補習校として、引き続き万全を期しながら学校運営に当たっていく考えです。そこで保護者の方々へ向けて、学校生活の決まりを明記した「施設利用者約款」(改訂版)を、近日中にお知らせします。 今後ともご理解、ご協力をお願いいたします。


2021年12月10日

アトランタ補習授業校

校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

先週は小学部1.2年生、明日は3~6年の自由授業参観日になります。午後には幼稚部の子どもたちによる発表会(ねずみの嫁入り)がシアターで予定されています。限られた時間になりますが、お子さんの様子をご覧ください。 私は小学生の頃、参観授業では緊張していた思い出があります。両親が小学校の教員だったこともあり、参観できないこともありましたが、それでも来るのか、来ないのか、いつになくソワソワしていたように思

先週は体育館で、イベントとしては3年ぶりにブックフェアが行われました。 図書担当運営委員や司書をはじめ、委員の方々が知恵を出し合って準備・開催・後始末をしてくださったお陰で、笑顔がいっぱいの一日になりました。 改めまして、お礼を申し上げます。ありがとうございました。 以前はカフェテリアで開催していましたが、はじめての体育館で実施しました。安全のためにパトロール当番も配置、分野ごとに分けられた本が広

先週のハロウィン、中学部の生徒が小学低学年の教室や幼稚部発表会(体育館)を訪ね、幼稚部ではコスチューム姿の子どもと一緒に「大きな栗の木の下で」や「アブラハムの子」を踊り、共に楽しい時間を過ごしていました。 保護者にサポートいただき、楽しい企画をしているクラスもありました。全校登校となって実現できるこうした光景に出会えて、うれしく思います。 私は日本(青森県)での教員生活最後の5年間、小中一貫校で過