top of page

はなみずき 12/18/2020 #16

2020年は私にとってもターニングポイントとなる、大きな一年でした。 33年間勤めた教員生活に区切りをつけ、海外で暮らす子ども達の力になるべく準備をしていた矢先、パンデミック(Pandemic)によって米国渡航が叶わず、自宅で過ごす日々が続きました。

思いがけずにできた時間をどう使うか・・。 まず積んであった資料整理に取りかかりました。教材やプリント、子ども達の作品など読み直しながら作業していると、時間を忘れてタイムスリップしたような感覚でした。 やんちゃ盛りが、今では立派な社会人として活躍する教え子。 農業後継者としてリンゴやニンニク、長ネギなどを生産する教え子。 初志を貫き、保育士として子どもたちと奮闘する教え子。 建設現場で働きながら、災害ボランティア員として派遣される教え子。 新聞記者として、政治や社会記事の発信に奔走する教え子。 中には病気や事故などにより、短い命を絶たれた教え子もいました。

卒業アルバムや文集、通信を通して、「あの日」に帰ったような気持ちになりました。 実家の小屋では、母親が保管してくれていた学校時代の作品を発見しました。 夏休みに描いた絵、授業で作った作品。中でもビックリしたのは「通信簿」(小・中・高)でした。

「三つ子の魂百まで」といいますが、恩師の的確なコメントに赤面しました。 先日、20歳を迎える教え子から「成人式」の招待状が届きました。出席は叶わないので、開催できることを祈り、「メッセージ」を贈りました。 中学校卒業から5年、それぞれの道を歩んでいることと思います。香港から新しい校舎の三戸中学校へ戻り、3年生に進級したみんなと一年間、社会科の授業を通して、共に学んだことは忘れません。「どこまでも続く長い道でも、ゴールは必ずある。どんなに辛くても、ゴールしたときの喜びは、ダイヤモンドにも代えがたい。だから僕は、生きている」。

私は今、アメリカのジョージア州アトランタで生活しています。60歳を迎えた今でも、ゴールがどこにあるのか全くわかりませんが、日本や世界の子どもたちが幸せになれるよう、もう少しチャレンジしたいと思っています。 困難な時代に入りました。こんな時だからこそ、心身の健康に気を付けながら、「一歩後退、二歩前進」の気持ちでやっていきましょう!無理せず、できることを少しずつ。 歴史に刻まれることになるだろう2020年が、まもなく閉じます。 新たな年に希望を託し、良い年を迎えたいものです。 皆さまどうぞ、年末年始を健やかにお過ごしください。


2020年12月18日

アトランタ補習授業校

校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page