top of page

はなみずき 1/6/2023 #31(第101号)

Updated: Jan 13

昨年暮れのクリスマス前後の寒波には驚きましたが、年始は穏やかに迎えることができました。

新年、明けましておめでとうございます。


7日(土)から授業が再開します。4月から全面登校となり、明日が31回目の授業日となります。気持ち新たに登校する子どもたちに、再び会えることが楽しみです。

3月18日(土)の卒園・卒業式、修了式まで、本年度も残すところ10回となりました。初日は書初めを予定している学級が多く、また学校は2月4日(土)の話し方大会(小学部)、11日(土)の弁論大会(中高等部)に向けて、日本語学習のまとめの時期に入っていきます。


運営面では来年度に向けて、1月21日(土)と28日(土)の2回、入園入学と編入説明会を開きます。さらに3月4日(土)には父母定期総会を開催し、運営組織を確立する予定です。


ところで2024年、本校は創立50周年を迎えます。

1974年12月、在留日本人、総領事館、オグレソープ大学などの援助をうけて、教員2名、児童・生徒9名で発足した補習校はその後、在籍者の増加にともない、1981年にグイネット郡のビバーリッジ小学校に校舎移転。アトランタ懇話会(現ジョージア日本人商工会)から独立すると同時に、日本から教員派遣が始まります。

1984年にはコブ郡教育委員会と在留邦人・保護者の尽力によってリンドリー校へ移転し、現在に至ります(在籍400余名)。校章と小椋佳作詞・作曲による校歌「はなみずきの道」は、開校10周年を記念してつくられました。

本校は子どもたちがジョージアで学んだ経験を生かし、インターナショナルな大志をもった人間として成長することを念願、創設された補習校です。創立50年の節目を迎える中、さらに魅力ある学校にしていきたいものです。


新たな風が吹く1月1日の元旦、校歌にもうたわれるチャタフチー川沿いをゆっくりと歩いてみました。青空のもと、森林浴を楽しみながら、「ハッピー・ニューイヤー」と声を交わしてのウォーキングは清々しく、改めて、太陽のように笑顔溢れる子どもたちとともに、学校で生活する幸せを思いました。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2023年1月6日

アトランタ補習授業校

 校 長 小 泉 敦

Recent Posts

See All

来月予定されている小学部話し方大会(4日)、中高等部弁論大会(11日)に向けて、学級ごとに準備が進んでいます。先週も代表選考のために、クラスで発表する姿がありました。保護者も参観する中、堂々とした語りは立派です。中には暗唱して、スピーチしている子どももいました。 演題も様々です。ある先生から「校長先生のことを話す子どもがいます」とうかがい、教室へおじゃましました。原稿を確かめながらスピーチする子ど

1月16日(月)はアトランタで生まれて人種差別撤廃に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師の誕生日にちなむ「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア デー」で、祝日でした。 私はその日、本校図書室から借りたジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳『MARCH』(マーチ 3巻 非暴力の闘い、ワシントン大行進、セルマ 勝利をわれらに 2018年 岩波書店)を読んで過

7日(土)は教室やカフェテリアで真新しい紙に向き合い、清々しい気持ちで鉛筆や筆で書き初めをして、スタートする子どもたちの姿が見られました。 幼稚部から高等部まで、様々な「お題」がありました。低学年は硬筆で「うさぎどし」、「お正月に、おぞうにをたべました。からだがぽかぽかしました」、「きれいなはつ日の出を見ました。新しい年がはじまります」。 小学部中高学年は硯に墨を入れて、「正月」「大地」「希望」「

bottom of page